TEL

熱中症にご注意を!

2017.07.15 | Category: ギックリ腰,ゴルフ,トレーニング,姿勢,整体,整骨院,歪み,肩の痛み,肩凝り,腰痛,骨盤

皆さんこんにちは。

 

大坂整骨院札幌院です!

 

北海道の夏も年々暑くなっているような気がしますね。

 

先日も東京より高い予想最高気温を見た時にはとても驚きました。

 

こう暑いと気を付けたいのが熱中症ですね。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「熱中症」とは、暑い環境で生じる健康障害の総称です。

 

 

熱中症の中でも

 

・めまい

・一時的な失神

・顔面蒼白

 

が主な特徴である「熱失神」は

 

皮膚血管の拡張によって血圧が低下、脳の血流が減少して起こります。

 

その時、脈は速くて弱くなります。

 

 

 

 

 

・筋肉痛

・手足がつる

・筋肉がけいれんする

 

が主な特徴である熱けいれんは

 

大量に汗をかき、水だけを補給して血液の塩分(ナトリウム)濃度が低下した時に、

 

足、腕、腹部の筋肉に痛みを伴ったけいれんが起こります。

 

 

 

 

・全身倦怠感

・悪心・嘔吐

・頭痛

・集中力や判断力の低下

 

が主な特徴である熱疲労は、

 

大量に汗をかき、水分の補給が追い付かないと、

 

身体が脱水症状になり熱疲労の症状がみられます。

 

 

 

 

 

 

・体温が高い

・意識障害

・呼びかけや応答への反応がにぶい

・言動が不自然

・ふらつく

 

が主な特徴である熱射病は

 

体温の上昇のため中枢機能に異常をきたした状態です。

 

意識障害(応答が鈍い、言動がおかしい、意識がない)がみられたり、

 

ショック状態になる場合もあります。

 

 

 

熱中症は死に至る病気です。

 

喉が渇いたな、と感じた時には、すでに体の中は脱水症状になっていることも多いので

 

こまめな水分補給を心掛けましょう。

 

 

具合が悪そうな人がいた場合、意識がはっきりしているなら、

 

電解質を適量含んだ冷えた飲料を自分で飲ませてください。

 

スポーツドリンクや経口補水液などがいいでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

呼び掛けに対する反応がおかしい、呼びかけに応えない時には、

 

誤って気道に水分が流れ込む可能性があるため、無理に飲ませることは避けてください。

 

吐き気を訴える、吐くという症状がある時は、口から水分を摂らせることは適切でないため、

 

医療機関での点滴などの処置が必要となります。

 

天気がいいと屋外で過ごしたり、スポーツを楽しむ方も多いと思いますが、

 

くれぐれも体調に気を配りながら夏を楽しんでくださいね。

 

 

 

 

 

 

皆様の快適な生活をサポートいたします!

 

土曜日、日曜日、祝日も休まず営業中です!

 

腰痛・肩こり・骨盤の歪み・トレーニング・交通事故

 

あらゆるお悩みに対応いたします!

当院へのアクセス情報

所在地〒060-0061 北海道札幌市中央区南1条西1丁目 札幌シャンテ 2F
駐車場なし
予約メール・お電話でのご予約が可能です
電話番号011-206-8943
休診日火曜午後・水曜午前